キモイダメ男のブログ

映画、ゲーム、アニメに関して勉強しながら雑記、評論をしていくつもりです。

津田大介 さんのブロックは理不尽すぎるよ

前回、ツイッター津田大介さんに理由不明のブロックをされたことを書いた。 

kimoidameo-brog.hatenadiary.jp

 

しかたないので別垢を取って津田さんのツイッターを眺めていたら、津田さんがある人のブロックを解除したとツイートしていた。チャンスだ。
僕はダメ元でもう一度、津田さんにツイッター上で話しかけてみた、二度目である。

 

f:id:nightstalker0318:20170703043749j:plain

 

 すると・・・。

 

 

f:id:nightstalker0318:20170701181254j:plain

 

 

 だから速いって

 

ツイートを送ってわずか1分である。これはもう明らかに意図的なブロックだ。

「お前みたいなフォロー1名のゴミクズなんか俺のフォロワーには相応しくないのだ、フハハハハッ!」

ということなのか? いや、それはないか。

  どちらにせよ、この対応には納得がいかない。せめて返答くらいはしてほしい。理由もわからず門前払いである。この対応はあまりにも冷たい。
 結局、津田さんを攻撃するような返信もRTもしていない僕が、なぜ津田さんから突然ブロックされたのかはわからずじまいだった。
 おそらく僕のツイートのどれかが気に入らなかったからじゃないかと今では思っている。思い当たるツイートも一つだけある。 
 しかし悪意をぶつけられたわけでもない、悪口や嫌味を言われたわけでもない、ほんの少し自分の考えてることと違うツイートがあったというそれだけの理由で、自分のフォロワーをブロックするのはどうなのか。
 もし僕のツイートで気になる部分があるなら、なぜ一言「それ無神経ですよ」、「それ差別的ですよ」、「そういう言い方やめてくれます」と言ってくれないのか? そうすれば自分でも確認して消したのに!
 それともその一言を言う時間もないほど忙しいのだろうか? それとも「今まで自分に絡んできたのは皆めんどくせー奴らだったから、これからは気に入らなきゃ即ブロックでいいや」と考えているのだろうか?

 前回書いたように津田さんは以前は

一部のbotを除き人相手にはブロックしてません。公開した以上は誰でも情報がみられるのがインターネットだと思ってるからです。これはポリシーです。」

とツイートしていた。(現在は削除)
 だが今ネットを覗くと「津田さんからブロックされた」という声が次々に出てくる。

 確かに最近の津田さんは沖縄の問題や、バニラエアのバリアフリー問題など積極的に発言しているため、そのことで津田さんの考え方が気に入らない人たちから集中砲火を浴びている。なのでめんどくさそうな人間を次々ブロックしているのかもしれない。 僕はそれが悪いとは思わない。あまりに無神経か、攻撃的か、差別的な態度を取ってくるのならブロックも仕方ないだろう。しかしだからってちょっとでも気に入らなければ誰彼構わず見境なくブロックするのは問題ではないのか?
 そんなことをされると、「ほんのちょっとでも相手の気分を損ねればすぐブロックされるから」とおちおちツイートもできない。その人のファンである限り相手の顔色を見ながら、お世辞を言い続けるしかなくなる。それが津田さんの考える健全なネットの言論なのか?しかも僕の場合は津田さんに賛成なのにブロックされ、理由を聞こうと再びツイートしたらそれも即ブロック。全く意味がわからない!
 少なくとも日本で最もソーシャルメディアに強く、その有効性を広めようとしている文化人がとる行動とは思えない。
 今回のことで僕はソーシャルメディアの有効性を実感するどころか、「なんでネットの人たちってこんなに冷たいの?」と改めて感じただけだった。

今の日本は政治的にも社会的にもどんどん窮屈になって、ハッキリ言ってネットはその息苦しさの発生地になっていると思う。そんな中でその流れに反対しているネット界1の有名人のツイッターまで窮屈になってしまった、まるで世の中の流れに毒されるように。百田尚樹や長谷川豊や高須 克弥のツイッターならそうなるのもわかる。しかし津田大介ツイッターまでそうなると考えると気分が落ち込む。
 このままネットも現実も「『めんどくさい奴』は無視するか、切り捨てればいいや」となっていくのかよ?

  確かに僕は『めんどくさい奴』だ。そうでもなければこんなことブログにわざわざ書かないだろう。僕は頭が悪いし、つい調子に乗って余計なことを言ってしまうし、気づかずに人を傷つけることもある。なによりも人が自分をどう思っているかばかり考える「気にしい」だ。現実でもネットでも迷惑ばかりかけてきた。だからといって釈明一つできずに無視されるなんてのはあまりにも酷い。 

 当然ネットは俺のようなダメ人間が山ほどいるわけだが、そういう人間はまとめて「お前嫌いだから、あっち行け」ってことなのか? イジメじゃねーの、それ。

 とはいえ、これ以上書くとさらにめんどくさい人間になりそうなのでこの辺にする。

 

ここまで書いたが僕は津田大介さんに怒っているわけではない。なぜなら今のツイッターを含めたネットの空間はあまりに誹謗中傷が多く、フォロワーが多いほど人ほどブロック機能を活用しなければやってられないことは理解してるからだ。津田さんのツイートに関するコメントを見ている限り、特にわかる。
 自分に反論してくる人間のうち、誰が『めんどくさい奴』で、誰が『めんどくさくない奴』なのかを見極めるのは難しい。それどころか今や「いいね」を押してくれる人やリツイートや返信をしてくれる人たちでも、その中のどれだけの人間が本当に信用できるのかはまったくわからない。そういう人たちに下手に返信すると後でおかしなことになるんじゃないかという不安もある。延々と粘着されたり、突然キレるかもしれない。
ネット黎明期からこの世界に関わり、健全なネットの言論を目指す津田さんでさえその不安はあるのだろう。
 僕は違うと自分で思っていても、それが津田さんにわかるわけもない。いや、本当は自分がそうじゃないという自信もあまりない。
 

だから僕は怒っていない。ただそんな津田さんに『関わりたくないめんどくさい奴』だと思われ、理由を尋ねる言葉さえ無視されたことが、妙に悲しいだけなのだ。

ただツイッターでのブロックなんて今やありふれたことでこんなに気にする僕は、やはり『めんどくさい奴』なのだろう。

なので、津田さん、もうツイートしたりして、しつこくしませんので安心してください。