不死身の漢 ~映画・その他ブログ~

ブログ復活しました。主に映画の雑記、たまにアニメ・ゲームのレビューをしていくつもりです。

 『ドラゴンボール超 ブロリー』評論 「鳥山明の見たいモノ」と「アニメファン、スタッフが見たいモノ」は、果たして融合(フュージョン)できるのか? パート2

注)この記事にはネタバレが含まれてます。

こちらがパート1になります。合わせて読んでくれると幸いです。


 

ドラゴンボール』はバトル漫画か?

f:id:nightstalker0318:20190222222957p:plain

 「『ドラゴンボール』はどんな漫画?」と聞いたら、世間の人達はどんな漫画だと答えるだろうか? 
 おそらく多くの人がセルやフリーザとの闘いを思い出しながら「バトル漫画」と答えるかもしれない。そして個性的なキャラクターたちの壮絶なバトルシーンこそ、『ドラゴンボール』(以下DBとも記述)のファンにとって最も見たいモノだろう。
 DBシリーズ、特に劇場版のシリーズは長い間「DBのバトルが見たい!」というその欲望を満たすために作られてきたと言って良い。DBの映画版は敵は違えど、ストーリーは基本的には全て同じで「とてつもない強敵とバトルし、ピンチになるが最後は語空たち達が力を合わせて勝つ」というだけで全て説明できる。
 前回のパート1でも書いたが、今回の『ブロリー』は上映時間100分のうち前半30~40分程度ふつうのドラマがあり、残り時間は全てが語空とブロリーの壮絶なバトルに費やされている。見ながら正直ちょっとバトルが長すぎるのでは?と思ったし、ネットにも同じような意見があった。だがこれはDBのファンとアニメスタッフの両方が望むものを反映した結果と言える。ファンもアニメスタッフも、DBのキャラクターには壮絶なバトルをして欲しいのだ、これは日本でも海外でも同じだろう。

 だが原作者であり新劇場版シリーズで脚本を務める鳥山明は違う、鳥山明がやりたいのはおそらくギャグであり、ギャグアニメにしたがっている。

 今回は、近年の劇場シリーズの傾向と、元々の漫画版の歴史を考えながら「鳥山明がDBで本当にやりたいことは何か?」ということを考え、DBが本質的にどんな物語であるのかを考察したい。

続きを読む

 『ドラゴンボール超 ブロリー』評論 「鳥山明の見たいモノ」と「アニメファン、スタッフが見たいモノ」は、果たして融合(フュージョン)できるのか? パート1

注)この記事にはネタバレが含まれています。鑑賞してからご覧ください! 

 

  『ドラゴンボール超 ブロリー

2018年 アニメ作品

監督 長峰達也

原作・脚本 鳥山明

製作 東映アニメーション

 

 ストーリー

 ある目的のためにドラゴンボールを集めるフリーザ一味は、辺境の惑星に長い間置き去りにされていたサイヤ人、パラガスと、その息子ブロリーの親子を発見する。
 かつてベジータ王に謀殺されかけたパラガスは、息子ブロリーを鍛え上げて復讐の時を待っていたのだ! ブロリーの巨大な戦闘力に気づいたフリーザは彼らを連れ、語空とベジータ抹殺の為に地球へと降り立つ。そして同じ頃、語空とベジータフリーザの野望を阻止するため、最後のドラゴンボールのある氷の大地に向かっていた。語空、ベジータVS ブロリーの史上最強のバトルの幕が開こうとしていた・・・

 

 

 ドラゴンボール超 ブロリー』は画面がカッコいい。

  「映画のブログを復活しました」とほざきながら、前回はゲーム、今回はアニメのコラムと、全然映画に触れていないが許してほしい。しかしドラゴンボールの映画を劇場に見に行ったのは、小学生の時以来で、なんだか久しぶりにあの頃のワクワクを思い出してしまったので、どうしても書いておきたかった。

 

 『ドラゴンボール超  ブロリー』は現代風にアップデートされた『ドラゴンボール』だった。
 どこか90年代風の匂いが残っていた前二作『神と神』『復活のF』に比べ、今回はOPのタイトルバックの演出からして非常に現代的でカッコいい。前二作では鳥山明のコメディ脚本に合わせたのか、キャラや背景の色が強めの色調でカラフルな画面作りをしていた。今回の『ブロリー』は氷の大陸の背景からキャラデザインまで、色数も色調が抑えられており、全体のカラーに統一性があるクールな絵作りをしている。青い空と白い大地で統一された背景。ブロリーのイメージカラーである緑のエネルギーが放出された世界。そこを赤と青を基調とするスーパーサイヤ人ゴッドとなった語空とベジータがハイスピードで飛び回る姿は、キャラクターを見せる構図の凝り方も含めて、とても美しくカッコいいビジュアルである。ひたすら雄たけびをあげ続けるキャラクターの線は、全体的に太めに描かれ骨太の印象がありながらも変幻自在に動くので、見ていてとても気持ちいい。
 今回の『ブロリー』はスタッフのコメントなどからも、今回の映画にかける高い志がわかる。

続きを読む

レオン・S・ケネディの魅力について考える。バイオハザード RE:2 発売記念

 BIOHAZARD RE:2  - PS4

本日、バイオハザードRE:2が発売される。1998年に発売されたバイオハザード2のリメイクとなる。

 この記事では、その主人公レオン・S・ケネディの魅力について、ダラダラと書いていく。

 

レオンというキャラの魅力

é¢é£ç»å
 

 レオンの魅力とは何だろうか?バイオハザード』20周年記念に出版されたBIOHAZARDぴあ (ぴあMOOK)によれば、日本・海外ともに『2』の主人公レオンが、シリーズで一番人気のキャラクターであるらしい。レオンは世界中で男女問わず人気のあるキャラクターなのだ。(ぴあMOOKの引用は間違いでした。ぴあ編集部と著名人だけを対象にしたランキングでした。ただしネットのアンケートその他などを見るとレオンが最も人気があるのは確かです)
  これは『バイオハザード』で人気の高い『2』、そして『4』の主人公だったことが、かなり影響してると思われる。『バイオ』シリーズの中でもあまり評判の良くない『6』が発売されたときに、ゲームレビューサイトWorthplayingの評価が積極的にレオン推しである。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

カプコンはクリスの出番を減らして、レオンのキャンペーンをもっと作ってほしい。父性主義的な義務感と好戦的な怒りでもって、木箱の後ろに隠れ、なんの特徴もない典型的テロリストを撃ち殺す典型的マッチョ白人男キャラクターは市場に溢れている」

https://worthplaying.com/article/2012/10/1/reviews/87095/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

続きを読む

『ジョジョの奇妙な冒険 第一章 ダイヤモンドは砕けない』批評

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジョジョの奇妙な冒険 第一章 ダイヤモンドは砕けない


2017年 日本映画
監督 三池 崇史
原作 荒木飛呂彦
脚本 江良 至
撮影 北信康
主演 山崎賢人

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 最初から不評だった『ジョジョ』実写化

 荒木飛呂彦による同名の超有名漫画を日本一忙しい監督として有名な三池崇史 監督で実写映画化。
 日本一忙しいと書いたが、実際この人はいつ寝ているのだろうか?
今年の4月は『無限の住人』が公開し、去年は『テラフォーマーズ』と『土竜の唄」である。三池崇史は早撮りで有名で、アウトテイクでも使うことがあるというが、それでも 普通こんなに立て続けに大作映画を監督するということは物理的に可能なのだろうか? いつも不思議である。

 それはともかく、この実写映画は最初から非難ごうごうであったのは今更言うまでもない。
youtubuにある予告編の動画についている低評価の数を見れば、どれだけ期待値が低かったかわかる。

続きを読む

『ブレードランナー ブラックアウト 2022』短評

f:id:nightstalker0318:20170928030636p:plain

ブレードランナー ブラックアウト 2022』

2017年 日米合作
監督・脚本:渡辺信一郎
キャラクターデザイン・作画監督村瀬修功
主演:松田健一郎、青葉市子

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ハードボイルド好きの渡辺監督。

 『ブレードランナー ブラックアウト 2022』(以下『ブレラン2022』)は、今年の10月に公開される『ブレードランナー 2029』の前日譚にあたる短編アニメである。現在Sony pcturesのyou tubeチャンネルで公開されている。

 監督は『カウボーイ・ビパップ』などで知られる渡辺信一郎。日本のアニメ監督が選ばれた理由は『ブレードランナー』で描かれる未来都市が大阪がモデルになっているからだと思うが、その『ブレードランナー』に影響を受けただろう『マトリックス』のアニメ版も渡辺氏は監督している。 その『アニマトリックス』での仕事ぶりも今回の監督起用に繋がったのかもしれない。

続きを読む