キモイダメ男のブログ

映画、ゲーム、アニメに関して勉強しながら雑記、評論をしていくつもりです。

津田大介 さんのブロックは理不尽すぎるよ

前回、ツイッター津田大介さんに理由不明のブロックをされたことを書いた。 

kimoidameo-brog.hatenadiary.jp

 

しかたないので別垢を取って津田さんのツイッターを眺めていたら、津田さんがある人のブロックを解除したとツイートしていた。チャンスだ。
僕はダメ元でもう一度、津田さんにツイッター上で話しかけてみた、二度目である。

 

f:id:nightstalker0318:20170703043749j:plain

 

 すると・・・。

 

 

f:id:nightstalker0318:20170701181254j:plain

 

 

 だから速いって

 

ツイートを送ってわずか1分である。これはもう明らかに意図的なブロックだ。

「お前みたいなフォロー1名のゴミクズなんか俺のフォロワーには相応しくないのだ、フハハハハッ!」

ということなのか? いや、それはないか。

続きを読む

ジャーナリストの 津田大介 さんと何とか連絡をとりたい。

もし津田大介さんがこのブログを奇跡的に見ることがあればコメント欄でもツイッターでも良いから理由を聞きたいです。お願いします。

 

ツイッターアカウント 

@kimoidameotoko

 

ブロックされた理由がわからない。

 今日、ツイッターを見ていたら個人的に好きなジャーナリストの津田大介さんからブロックされていることに気づいた。

f:id:nightstalker0318:20170701181254j:plain

 ツイッター上では「ブロックされた」と吹聴するのはみっともない行為と言われているらしい。その理由はもちろん嫌われる行為をしておきながらそれを自慢げに、または「俺から逃げた」と負け惜しみのように言うことが原因だ。なのでこんなことをブログに書くのは気が引ける。しかし今回ばかりは本当に困惑している。

 なぜなら僕は津田さんにツイッターでコンタクトしたこともなければ、津田さんが気に入らないようなツイートをしたことがない(多分)からだ。

 確かに津田さんをフォローしていたが、津田さんに返信したことはない。RTでも特に悪口や嫌味を書き込んだことはない。(と俺が思っているだけかもしれないが)
それどころかツイッターは新しく作ったばかりでフォロワー数がまだ一人しかいない状態なのだ。

続きを読む

新しいブログを作った理由

わざわざURLを変えて新しいブログを作ったのは、ハッキリ言って前回のブログで書いた内容が恥ずかしくなってきたからです。

ああ、俺こんなに文才なかったんだなぁ、としばらく落ち込んでました。

おまけに某有名人にツイッター上で粗相をしてしまい、しばらく何も書く気が起きずにブログもまったく更新しませんでした。

ですがなんとか最近やる気を取り戻してきたので、心機一転してもう一度一からやり直すことにしました。

 

なのでよろしくお願いします。

『この世界の片隅に』 ドラマ版(2011年)感想

 

終戦記念スペシャルドラマ この世界の片隅に [DVD]

終戦記念スペシャルドラマ この世界の片隅に [DVD]

終戦記念スペシャルドラマ この世界の片隅に [DVD]

 

 日本中で絶賛された『この世界の片隅に』ですが、実は2011年に一回実写ドラマとして制作されています。日本テレビ終戦記念日の特別番組として制作。主演は北川景子。監督は『カイジ』や『ガッチャマン』を手掛けた佐藤東弥。脚本は『NANA』『ICHI』の浅野妙子(ここで既に不安に感じる)基本的には原作のストーリーを忠実に映像化していて、物語に大きな変更点はありません。

 ネット上での評判があまりよくないですが、それもそのはずで余りにも情緒過多なシーンが多すぎる印象。とにかくやたらすずさんを大声で泣かしまくるので途中でウンザリしてきます。原作漫画もアニメ映画版も抑えた演出が良質な部分なのですが、この作品ではひたすら感情が爆発しています。

 佐藤東弥さんの演出も浅野妙子さんの脚本もとにかく大味。悲しい場面になると大音量の音楽を流し、すずさんが大声で泣き、しかもなぜ泣いているのか全て台詞で説明します。演出も脚本も「泣かせよう」という意図が透けすぎていて、それが2時間延々と続くのは正直苦痛でしかありません。

 原作における魅力だった複雑な人間関係や台詞に頼らない心理描写、曖昧に描写されている部分をわかりやすくしたいという意図は理解できますが、安易に台詞で説明しすぎで逆に興ざめします。
(例えば原作冒頭のすずと周作が子供時代に出会うシーンは夢とも現実ともとれるシーンだったが、ドラマ版ではわかりやすく変更されている)
 TVドラマの場合、映画と違ってわかりやすくしなくてはならないというのはわかるし、所謂「感動」をメインしたかったのもわかります。が、登場人物達の複雑な心境を意図的に曖昧にして読者の想像を刺激しながら、暗さや湿っぽさを抑えて暖かな笑いで描かれているのが原作の魅力だったのに、それをベタなメロドラマになってしまったという印象。

 しかし原作やアニメ映画版が難しくてよく分からなかったという人には本作は意外とおすすめです。リンさんと周作の関係などアニメ映画版などでは曖昧に描かれた部分が分かりやすく描写されているので、『この世界』入門としてアニメとセットで見ると面白いと思います。アニメ映画では大胆にオミットされていたリンさんの描写が充実しているのでリンさんが好きな人にもおすすめです。